ファッション業界の求人を探そう!
役立つファッション関連の求人情報充実

既卒でも就職先はたくさんある

一般的には学校を卒業と同時に就職することが多いですが、事情によっては卒業後も進路が確定しないこともあります。しかし、既卒であっても積極的に募集している会社もありますので、就職先はたくさんあります。既卒であることをマイナス志向に考えるのは良くありません。むしろプラスの材料として企業にアピールできるように卒業後も就活をするべきです。在学中の就活が上手くいかなかったのであれば、なぜ上手くいかなかったかを考え、自分を再度見つめなおすべきです。学校によっては、卒業後も就活を支援をしてくれる場合もあるので、その場合は是非活用しましょう。どうしても自分だけで就活をしてしまうと、主観的な考え方になりやすいので、いろんな方から客観的なアドバイスをもらい参考にするべきです。なぜ在学中に就活が上手くいかなかったかを、選考企業に上手く伝えることも大切です。失敗を活かして、希望の会社に就職できるようにしましょう。

既卒者の就職活動について

既卒とは、読んで字の如く「既に卒業をした」学生のことを指します。主に就職活動の場でよく聞く呼び方で、卒業と同時に就職をする新卒と対比して使われることが多い言葉です。既卒の方は、新卒ではないので、4月の一斉採用ではなく、中途採用の求人募集を見て、求職活動を行うケースが多いです。(一部の企業では1~2年前の卒業者ならば新卒として募集をする企業もあるようです。)かく言う私も大学卒業後しばらくはアルバイトをして過ごしつつ、中途求人に応募して、中途枠で仕事に就いたクチです。通常、中途採用は即戦力募集が多いので、正社員として仕事に就いたことがない既卒者は不利に思われがちですが、未経験者を募集している場合も多いので必ずしも不利とは言えません。未経験者の利点は、簡単に言うと「あなた色に染まれる」ことです。中途半端に経験者を雇うと、前の会社ではこうだったのに…、ああだったのに…と、不平不満が出て、逆に新しい会社で仕事を覚える妨げになる場合のあるのです。その点、未経験者ならばその会社で教わることが初めてなので、それをスムーズに受け入れられますよね。ちなみに、私が採用された会社は金融会社のコールセンターの正社員でした。同期入社が私を含め4人でしたが、同職種からの転職者は1人もいませんでした。ただ、仕事は手取り足取り細かく教えてもらえますが、教えてもらえないこともあります。それは、ビジネスマナーやパソコンの基本操作方法など、社会人として身についていて当然と思われている事です。そのあたりは、自分で本を買うなり、講習に通ってみるなりして、求職活動の一環として行っておく必要があるかと思います。また、その点について、面接でアピールすることも忘れないでください。

既卒の就職活動の始め方

既卒になると、就職が不利になってしまうという意見もありますが、諦めることなく就職活動を続けていくことで、採用を決めることができたという方もたくさんいます。経験がなくても、若さややる気などをアピールしていくことができれば、採用のチャンスは十分にあるので、諦めずに頑張っていくことも大切です。不景気な世の中なので、既卒で就職活動を続ける方もたくさんいるため、ハローワークなど相談窓口を設けて対応してくれているところもあったり、企業説明会の中には、新卒だけでなく、既卒でも受け入れてくれているところもたくさんあるので、新卒の企業説明会にも足を運んでみることをおすすめします。説明会やハローワークに通うなど活動をはじめていく方法はたくさんあるので、最後まであきらめることなく、全力を尽くしていくことも重要です。