ファッション業界の求人を探そう!

役立つファッション関連の求人情報充実

長年続く不況の影響で、この10年近くは就職活動がままならない状況にあるようだ。企業にとっても若い人材は必要であることは変わりないだろうが、だからといってそう簡単にこれまで雇っていた社員の首を切るわけにもいかない。もちろん、新人を雇えばその新人がモノになるまでにはかなりの期間が必要になる。当然のことながら、それならこれまでの社員を使っておく方が無駄な経費も必要なくなるはずだ。

そんなこんなで、新卒者の採用状況は非常に厳しい。毎年求人を取ることが出来ないと、その会社の信用にも響句が、まずは会社の存続が会社にとっては一番で、会社の経営が問題なく言っているところは、ちゃんと求人を行っている。それでも全体的に求人数は少ない傾向にあるようだ。ただし、この苦しい時代にちゃんと求人が出来る会社に入社しておくと言うことは、ある意味将来も楽しみであると思うのだが、せっかく入ったにも関わらず、すぐに辞めてしまう若い人が多いのも事実だ。僕のような年寄りから言わせると、根性が無いのでは?と思うのだが、本当に簡単に辞めてしまうのはなぜなんだろう。確かに、何とかして入ったモノの、外から見るのと中から見るのでは全く違うことが多いとは思うのだが、要は労働条件で、どれだけどんな仕事を、何時間やればいくらの給料が得られるか?ということで、多少の人間関係の軋轢なんかは気にする必要は無いというのが僕の考え方だ。生活のために働くのだから、給料が良ければ多少のことは耐えられるはず。家族を食べさせるために、最低これだけの給料が必要で、年に一回家族旅行を楽しむにはこれぐらいの給料が必要だと言うことから逆算すれば良いと思うのだが。

基本的に自営業者をやっていた僕の場合は、この仕事をしたらいくら儲かるということで、がむしゃらに働いてきた。どんなに嫌な仕事でも、これを我慢すれば自分の懐にお金が入るという感覚だったので、どんなことにも頭を下げて仕事に取り組んできたのだ。たった一人だけの仕事だったので、同僚や上司などがいる組織の中で働く人間とはいろんな意味で違いはあると思うが、自分の生活のため、自分の生活を良くするため、と思えばどんな仕事も納得してで得きるはずだ。近年の新卒採用情報は厳しいモノの、仕事としてやっていくのは、その入り口である採用試験や採用の状況なども含めて、厳しいのが当然だとも言えるので、その厳しさに決して負けないよう、就職戦線を勝ち抜いて欲しい。